歳時記

2009年4月18日 (土)

*絵ことば歳時記*4/18(土) 発明の日 

Saijiki090418088

現在の特許法のもととなる「専売特許条例」が1885年(明治18年)のこの日に公布されたのを記念して、1954年(昭和29年)に制定された。


*********************************
発明の父、と言われているエジソンの言葉。

「ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だ
というところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。
いよいよこれからだというのに。」
*********************************

なかなか発明なんてできるものじゃないけど.....
もしも発明ができるとしたら、何がいいかなあ.......。

あなたは何を発明したいですか?

ところで。
<ひらめき>を表す時に、電球ぱかっ!っていっつも描いちゃって、ベタだなあ...って
思うけど、でも言い得て妙、っていうか、すごくツボを得てるなあ、っていっつも思って、
やっぱり描いちゃうんですよね。笑;


続きを読む "*絵ことば歳時記*4/18(土) 発明の日 "

|

2009年4月17日 (金)

*絵ことば歳時記*4/17(金) たけのこごはん/春の土用の入り

久しぶりに行った まごころ市場(地元の農家のもの売るとこ)で、たけのこを買いました。
私の手の倍ほどもある大きさのが400円!しかも ぬか のおまけつき、です。
さっそく茹でて晩ごはんに炊き込みご飯にしました。
お揚げさんと少しのみりん、薄めのおしょうゆ。
初々しく柔らかな味、それでいてしゃきっとした歯ごたえで、
たけこのこさんの若い勢いをちょこっとおすそわけしてもらえた気がしました。


さて、つい忘れてしまう茹で方。
忘れないようにイラストメモメモ。
Saijiki090417086

ところで今日は春の土用の入り。
この日から次の立夏の直前までが雑節の「土用」の期間です。


*****************************
<雑節>とは、<二十四節気>と<五節句>以外の、
季節の移り変わりの目安となる日のことを言います。

<二十四節気>は中国の風習にもとづいているため
日本での季節の変化が分かりづらく、そのため、農家の人々が
それを補うために<雑節>という日本独自の暦を作りました。
***************************

昔の人は、季節と季節は、緩やかに交代してゆく
(今日まで春、明日から夏、とか、きっぱりわけるのでなく)
のだと考えて、
その交代の期間を<土用>と考えました。

生き物は死ぬと土に返り、その土から新しい芽が芽吹くように、
土気には死と再生を円滑に行う性質が有ると考えたようです。

春もたけなわ、夏に向かってぐんぐん伸びゆく季節。
たけのこさんと競争?!です。


続きを読む "*絵ことば歳時記*4/17(金) たけのこごはん/春の土用の入り"

|

2009年4月16日 (木)

*絵ことば歳時記*4/16(木) チャップリンデー

Saijiki090416080

20世紀最大のイギリス映画人、チャールズ・チャップリンの誕生日(1889年生まれ)。
チャップリンを偲ぶために設けられた。


**************************************************************
人生は近くで見ると悲劇だが、
遠くから見れば喜劇である。
Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.
**************************************************************

見てるようでちゃんと見てなかったチャップリンの映画。
あったかくなってぼんやりしがちな頭んなか。
作品それぞれがぴりりとピント合わせてくれるような気がします。

|

2009年4月15日 (水)

*絵ことば歳時記*4/15(水) よいこの日

Saijiki090415077

七十二候の一つ(15候)。
『虹始めて見る』(雨のとき虹を見る季節)。
もうすっかり雪から雨ですね。


さて、今日は、4/15、415で<よいこ>、の日です。
<よいこ>って、なんかこわい感じもしますね。裏ありそで。

で。
かつてごく一部の若者の間で盛り上がっていた
<ヘンタイよいこ>
ここに参加してる大人たちがなんだかかっこいいなあ、なんて思ったりしました。

<ヘンタイよいこ>の発生?場所、
<雑誌 ビックリハウス>
好きな人がいっぱい登場してますねえ。
バックナンバーちょこちょこっと読んでくすっとわくっとしたいです。

|

*絵ことば歳時記*4/14(火) シロツメクサの かんむり

このごろ散歩の途中でよく見かけるシロツメクサ。
小さい頃、友だちと作りっこした首飾りや かんむり。
穏やかな陽射しに ぽわーん、とタイムスリップ。
なんだか作ってみたくなりました。

Saijiki090414075_2

|

2009年4月14日 (火)

*絵ことば歳時記*4/13(月) 喫茶店の日 

1888年(明治21年)のこの日、東京・下谷上野西黒門町に
日本初の喫茶店「可否茶館」が開店した。


Saijiki090413071

今の季節、軽さ やわらかさにほっこりできる豆乳ラテなどいかがでしょうか。

|

*絵ことば歳時記*4/12(日) 霧島(久留米)ツツジ:花のパッチワーク 

Saijiki090412a069

桜吹雪に目が眩んでいる間に、
街角に小さなつつじ=霧島ツツジや久留米ツツジが
むくむくと咲きそろってきていました。
我が家の玄関先も花まっさかり。Saijiki090412b070_3
その勢いに葉っぱは押されっぱなしで、
くっきりこんもりとした花のパッチワークができあがり!です。


*************************************************
躑躅(つつじ)は万葉集の時代から親しまれ、
花が連なって咲くことから、つづき、
また花が筒状であることからつつ、などと呼ばれていて、
しだいにつつじになったらしい

久留米ツツジの花言葉は「成長」。
*************************************************

|

2009年4月12日 (日)

*絵ことば歳時記*4/11(土) みどりの水玉模様

緑のお豆、グリーンピースがおいしい頃。
<みどりの水玉>が さわやかでほっこりかわいらしい季節の雰囲気に似合っていて、
大好きなごはんです。

Saijiki090411066

|

2009年4月11日 (土)

*絵ことば歳時記*4/10(金) それぞれの春:またね、元気で!

Saijiki090410064

今日は七十二候(季節を72に分けてそれぞれの季節にふさわしい名を付け、
時候の推移をあらわしたもの)では

今日は『雁水へ帰る』。
雁が北へ渡って行く頃。

|

2009年4月 9日 (木)

*絵ことば歳時記*4/9(木) 桜吹雪と満月

Saijiki090409

近所の川沿いの桜吹雪の中を自転車で走った昨日。
舞台のエンディングのようにドラマチック〜!

......が!

実際は前が見えないほどの散りようで、こちらもおおいに
はらはら だったのでした。(´ε`*)


さて今日は満月です。
お花見とお月見両方できる最高の夜、ですよ。
ドラマチックな夜、ですね。


***************************
四方より花吹き入れて鳰(にお)の海 / 芭蕉
さきいづるやさくらさくらとさきつらなり / 荻原井泉水
夜桜やうらわかき月本郷に  / 石田波郷
***************************

|