« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月

2009年1月21日 (水)

はじめました

090121oshirase_2


ただいまメインサイトをここから新しいところにお引っ越し中です。
まだ途中なので、仮住まい、といったとこなのですが、そちらから日記や、新しくはじめた<ことば>ページにも飛べますので、ちょこっとのぞきにきてみてください。いや、無理に、とはいいませんけど。お茶もお菓子も出ませんが。笑

で、その新しいとこはこちらです。
*chocotori

その中の新しくはじめた<ことば>ページはこちらです。
*<chocotorimemo>(ことば)

|

2009年1月17日 (土)

つぶやいてます

Pyawarakanadeaiweb



こちら
で日記を書いてます。
日々のできごと日々のつぶやきです。
おっかけ更新にぜえぜえしつつもぼちぼち進んでます。
よろしければどうぞのぞいてみてください。
駿河湾と富士山に挟まれたのほほんな土地でちょこまか描いたり書いたりしてる女子(;)の日々はこんなんです。ゆるくやってます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<チョコトリ手帖>
http://www.enpitu.ne.jp/usr10/103217/diary.html

|

2009年1月 9日 (金)

雪、ですか?

090109nekobon_2

昨日の夜の天気予報で、このあたりの地域も積雪3cmのところあり、って言ってたけど、
やっぱりそれって富士山のふもとの方のことだったみたい。

このあたりはめーーーーったに雪が降りません。

なんでも東京も雪だとか?

雨とはいえ、このあたりでも寒いですからね。(さっき夕刊を取りに玄関を開けてはーってしたら息真っ白、だった。)

昨日の予報見て、そうだとしたら(雪が降ったら)こうなる↑のかしらん、なんて思った。
大好きなカロリーヌシリーズのこの本。
2匹の白と黒の猫さんがたがきゅううっと可愛いのです。

<プフとノワローゆきやまへいく>(BL出版)


で。
こうはならなかった冷たい雨の冬の日。

本日の我が家のお猫様、白さん黒さんはこんなんです。

090109pon

↑黒ちゃん(ポンちゃん)ストーブ前で笑う、ではなく、顔を洗うの図。

090109megu

↑白ちゃん(めぐちゃん)机の上でマッサージを乞う、の図。

|

ナンダコリャ!?

090109haiku

090109haikubon

<兜太・せいこうの新俳句鑑賞  他流試合>(新潮社)


俳句です、俳句。
ハマリかけてますぅ!
....って、まだ詠み...じゃなく、読み専門、なんですけどね。ヾ(´ε`*)ゝ
でもね、言えることは、
俳句ってすごい!
ってこと。
深いですよー!!
あんな短い言葉の中は奥へ奥へとつながっているんですもん。

ってことで、今、コレとか読んでふむふむと勉強中デス。

いつか俳句本(ハイクボン)作りたいなー。
ツッコミ満載なの。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

注/元旦に見たNHKの『日本ナンダコリャこれくしょん 今度は俳句だ!』って番組がきっかけ。
この番組の内容はこんなんでした。

『「有季定型」を旨とし世界一短い文学といわれる俳句。その中で型破りな、あるいは奇想天外な古今の作品を各界著名人が持ち寄って句会を開き、俳句の魅力を再発見していく。
折り目正しい正統派が存在する一方で、思わず「ナンダコリャ!?」と叫びたくなる作品世界があり、それらを作り出す奇才たちがいる。季語を入れて五七五の十七音で詠む「有季定型」を決まりとし、日本の伝統文学の代表のようにいわれる俳句。しかし、評価の定まった名句にも“ナンダコリャ”なものがたくさんある。型破りな、あるいは奇想天外な古今の作品を各界著名人が持ち寄って句会を開き、俳句の魅力を再発見していく。』(NHK 番組紹介ページより抜粋)


主宰が金子兜太と、いとうせいこう。
選者が、 假屋崎省吾、高橋源一郎、冨士眞奈美、吉行和子、明川哲也、大宮エリー、なぎら健壱、南海キャンディーズ、箭内道彦という濃い面々。

番組最後の金子兜太さんの言葉
「(ナンダコリャ!?)というのは常識が決めていること。ところがその句を掘っていくと非常識の喜びが出てきて、みんな名句になる。常識なんかに負けちゃあいられないと思いました。」


そう!
いつもはMJアニキ(みうらじゅん)とコンビで仏像とか街角のスナップに「どーよこれ?」ってツッコミ入れてる いとうさんが、おんなじように俳句でそれをやってるの。
この俳句どーよ?、って。
それをお題にみんなで勝手に?想像(妄想?)膨らませて語りあうの。
おもしろかったー!
ほんっと。

ちなみに1位は
「露人ワシコフ叫びて柘榴(ざくろ)打ち落とす」 西東三鬼(さいとうさんき)

2位は
「戦争が廊下の奥に立ってゐた」 渡辺白泉(わたなべはくせん)

わたし的には上の2つの他にはシズちゃんが選んできた

「夏みかん酢っぱし今さら純潔など」 (鈴木しづ子)

がグッときました。

奔放な女性、伝説の人、鈴木しづ子。
その生存すら今では不明、ってとこがこれまたグッときますねぇ。

|

2009年1月 3日 (土)

迎春2009、どうぞよろしくです

090103_3

2008年は山あり谷あり、人生勉強をいくつかさせていただいた年でした。

今年、2009年は。

関わる人やものやできごとをだいじにしながら、心身ともに健やかに笑ってすごせればいいな、と思っています。
どんな状況でも、これでいいのだ、と言えるような人になりたいです。(不二夫ちゃんの笑顔を思い浮かべて。笑)

あとひとつ。
文字通りの<勉強>をあれこれしようと思っています。
知らないこと、知らなければいけないことはまだまだたくさん。

忙しくなりそうですが、日々が雑にならないようにこころがけたいです。

みなさん、どうぞよろしくお願いします。

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »