« 秋ですよ、栗ですよ、月ですよ! | トップページ | 犬の日 »

2008年10月31日 (金)

河原先生(『きみもイラストレーターになれる』)

1031kawaharasenseibona
1031kawaharasenseibonb

(←この表紙の絵は大橋歩さん!/こんな歌=<イラスト音頭>!まで作ってる先生はお茶目さん!)


先生のおかげなんです、畑違いの私がこうしてイラストレーターになれたのは。
(実は私、大学を出たあと、ちょこっと女子高で国語を教えていたりしたんです。でも、やっぱりやりたいことは描く(書く)ことで。縁あって河原先生からはイラストレーションの基礎の基礎とイラストルポについて学んだのでした。)


感謝しています!河原先生。


さて、河原先生とは、イラストレーターの故 河原淳 氏のこと。
(セツモードセミナーの)故 長澤節さんの一番弟子で、イラストレーターとして活動する傍ら、ご自宅でイラストの私塾を開かれて、そこでは大橋歩さんも学ばれていたそうです。


残念ながら、河原先生はもうここにはいらっしゃらない(他界されました)けど、先生には技術よりももっとだいじなものを学びました。

ユーモア、茶目っ気、人間関係、好奇心、想像力......のだいじさ。


つい最近、ネットの中でうろうろしていて偶然この本に出会いました。
ここ何年か、不安や自信のなさ、.....もやもやしながら描いていた私に先生が
「元気で描いてる?」って手紙をくださったような気がしました。
で、即注文!です。


読むうちに、なりたての頃の気持ちがぐぐんと湧いてきて、
あれもこれも描(書)きたい!わくわくな気持ちがむくむくしてきました。


私がやりたいこと。やれること。


またまた先生に感謝、なのでした。


『きみもイラストレーターになれる/河原淳監修 現代デザイン研究所編』(実務教育出版)(絶版)

|

« 秋ですよ、栗ですよ、月ですよ! | トップページ | 犬の日 »

イラストレーション*デザイン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事