« <手しごと>の 話 | トップページ | 誕生花*2/7 »

2008年2月 6日 (水)

誕生花*2/6

Flower206

今日の誕生花は
<ナノハナ>。

花言葉は
「快活な愛」。

<ナノハナ>とは「菜っ葉の花」の総称です。
アブラナや、その仲間の冬野菜、白菜、小松菜、蕪などが春になって茎を伸ばし、咲かせる花をまとめて<菜の花>と呼んでいるのです。
どれも黄色い4弁の花を咲かせるところが共通しています。

お店でいちばん多く見かけるのは
<ハナナ(花菜)>といって、ちりめん白菜を改良して作られた品種だそう。

そうそう、このあいだ、富士宮の<bio deli (ビオデリ)>というお店で美味しい野菜をたっぷり食べてきたのですが、そこのオーナーの松木さんはこのお店のご近所で野菜を作ってらっしゃるかたです。
その松木さんが、先日地元テレビで『ロール小松菜』を作ってらっしゃって。
キャベツのかわりに小松菜の葉っぱで中身の具をくるんでいました。
で、その小松菜は菜の花を使おうと育てたものだったのだけど、思いのほか立派に育ったので使ってみた。とおっしゃってました。

ということで、
<花菜>以外にも<アブラナ>、そして<小松菜>もお店でたまーに見かけます。

さて。
花言葉の「快活な愛」。

まぶしいばかりの黄色ゆえの
「快活」、
といったイメージでしょう。
気持ちがグンと明るくなる、みたいな。

愛は「快活」ばかりじゃ面白くない、という意見もある(私もそう思います)かと思いますが、
「快活な」抜きの愛はちょっと苦しいですね。
気持ちが上向きにならないのはちょっと....。

おかずを作ってちょっと余ったら机の上に飾っておきましょう。

|

« <手しごと>の 話 | トップページ | 誕生花*2/7 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事